一人暮らしの若者や高齢者が注意したい「お金のトラブル」の特徴・気を付けるべきポイント【メディア掲載】

一人暮らしの若者や高齢者が注意したい「お金のトラブル」の特徴・気を付けるべきポイント【メディア掲載】

2021年1月27日

一人暮らしの若者や高齢者が注意したい「お金のトラブル」の特徴・気を付けるべきポイント【メディア掲載】

不動産情報サイト・オウチーノ様にて、マネーコラムが掲載されましたので紹介させて頂きます。

新しい生活様式になり、インターネット利用もなくてはならない存在になっていますが、ネットショッピングのトラブルやフィッシング詐欺などの被害も相次いでいるようです。成人したばかりの若者や、高齢者がトラブルに巻き込まれるケースが多いことから、気を付けるべきポイントをコラムの中で書かせて頂きました。

サイトはこちらから↓↓

一人暮らしの若者や高齢者が注意したい「お金のトラブル」の特徴・気を付けるべきポイント


便乗商法に注意しましょう

コラムの中にも少しだけ書かせて頂いていますが、便乗商法はどんな時にもやってきます。東日本大震災の時には、被災地支援などど震災にかこつけた復興支援をうたって、未公開株の購入の勧誘がありましたし、熊本地震の時には震災後のリフォーム工事の勧誘が横行しました。不安な気持ちにつけこんだ、悪質な便乗商法には注意したいところです。

お金の相談事でも、よくあるのが老後2000万円問題です。ニュースで大々的に報じたので、将来の心配からマネーセミナーに参加される方が増えました。そんな中、お金のセミナーに行ったら仮想通貨の勧誘だった、これからの時代は副業だとうたいながらネットワークビジネスを持ち掛けるなど、消費者センターにも相談が寄せられています。

なにかおかしいな、不安だなと感じたら、一人で悩まずに第三者に相談しましょう。

全国の消費生活センター